国内研修助成事業とは

中央競馬馬主社会福祉財団は、社会福祉法人が経営する社会福祉施設等に勤務している職員が、必要な専門知識と処遇技術を修得するため、民間社会福祉事業関係者が行う国内研修事業に対して助成を行っています。本事業は、昭和48年度から実施し、本年までの46年間に延べ127回の研修会を助成し、受講生は7,338名(平成30年度は173名)に達しています。

民間社会福祉施設職員国内助成金交付要綱

 

民間社会福祉施設職員研修会受講者の内訳(昭和48年~平成30年)
特別養護老人ホーム
介護職員
障害者支援施設の
介護職員・生活支援員等
合  計
5,029 2,309 7,338人

 

≪お問い合わせ先≫
公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団
企画管理部  TEL:03-6550-8966