研修事業関連(海外) 記事一覧

第44・45回生による平成29年度 海外研修報告会が開催されました。(10/28)

平成29年10月28日(土)「キャンパスプラザ京都」において海外研修報告会が開催されました。

報告会には、ご来賓として、京都馬主協会 常務理事 大塚亮一社会福祉・財務委員長、厚生労働省社会・援護局 添田正揮社会福祉専門官にご出席をいただき、多数の研修生OBの方々(OB会 会長 末光 茂氏:社会福祉法人 旭川荘 理事長)、並びに福祉施設職員の方々ご出席のもと、44回生(平成28度)、45回生(平成29年度)の研修生4名から現地での研修内容を中心に、研修成果、帰国後の活動等についての報告及び質疑応答が行われました。

ご来賓としてご出席いただいた厚生労働省 添田社会福祉専門官には、「地域共生社会の実現に向けた取組の推進」と題して特別講演も行っていただき、大変充実した報告会となりました。

≪キャンパスプラザ京都 報告会会場≫

    

    

   

    

  

 


海外研修生(第44・45回生)研修報告会開催のご案内

平成28年度(第44回生)・29年度(第45回生)の海外研修生4名によるデンマーク、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアでの約2か月間にわたる研修の報告会が、海外研修生OB会主催により、下記にて開催されます。

 

日 時:平成29年10月28日(土) 13:30~

場 所:キャンパスプラザ京都 (京都市下京区西洞院通塩小路下る)

報告者

1.社会福祉法人 神戸真生塾  正木 陽子(児童指導員)

2.公益社団法人 沖縄県精神保健福祉会連合会 比嘉 寿(サービス管理責任者)

3.社会医療法人 将道会 佐藤 真希子(介護主任支援専門員)

4.社会福祉法人 恩賜財団済生会支部西小樽病院 小玉 武志(作業療法士)

 

当ホームページの海外研修事業にて、各年度の研修内容を紹介しております。

<報告会参加についてのお問合せ先>

中央競馬馬主社会福祉財団 TEL:03-6550-8966 企画・管理部

 

 


第45回海外研修の写真 をUP!(研修生だよりNo.1~6 )

今年度海外研修生(第45回生)の研修写真を  ☆研修生だより ☆  として順次公開いたしました。

こちらのページからご覧下さい。

なお、本年度の海外研修は、6/27の研修帰国者を持ちまして、 無事終了いたしました。


平成29年度 (第45回)海外研修がスタートしました。(研修期間 4/23~6/27)

本年度研修生2名は、4/23(日)成田国際空港から、最初の研修地であるデンマークへ向けて出発、約2か月間にわたる海外研修がスタートしました。

研修概要等についてはこちらから。

 

 


平成30年度(第46回)海外研修生の募集要領を決定しました。

平成30年度に実施するの海外研修生募集のご案内です。

研修期間は平成30年4月中旬以降から6月下旬までを予定、デンマークでの5日間の合同研修から始まります。

募集についての詳細は、こちらからご覧ください。

 

~~~ 第46回の海外研修は、デンマーク・ボーゲンセ からスター ト~~~

第46回海外合同研修予定ベース施設
デンマーク:NORDFYNS HØJSKOLE(ノーフュンス・ホイスコーレ)

       ~~~ 各福祉機関での実地研修~~~

     

    

    

 

 

 

 

 

 


シンポジウム「馬は理想のセラピスト」のご案内 (2/11 終了)

当財団の第39回海外研修生OBである 小島 愛子さんが所属する団体「うらかわ乗馬療育ネットワーク」の主催によるシンポジウムが、下記のとおり開催されますので、ご案内いたします。

今回のシンポジウムは、北海道浦河町での乗馬療育の取り組みの紹介、都市部における乗馬療育の認知向上と将来を担う人材養成を目指すものです。

小島愛子さんは、平成23年4月~7月の約3か月間、当財団の海外研修生としてアメリカ、イギリス、ニュージーランド各国の施設にて乗馬療法の研修を積み重ね、帰国後は韓国、台湾でも講演・研究発表をするなど、幅広く活躍されています。現在、北海道浦河町にあるホースコミュニティにて、乗馬療法に深く携わっておられます。今回は残念ながら小島さんの講演はありませんが、スタッフとして参加されています。

☆ 乗馬療法とは;乗馬を通じて心身に障がいを持つ方たちの能力向上と社会参加を促すことを目的とする療法

 

~~~~~   シンポジウム「馬は理想のセラピスト」   ~~~~~

開催日時  :平成29年2月11日(土・祝) 13:00~17:00

場     所  :東京国際フォーラム ガラス棟 会議室 G701

主   催  : うらかわ乗馬療育ネットワーク

登  壇  者 :角居 勝彦(一般社団法人ホースコミュニティ 代表理事)

江刺 尚美(           〃     乗馬療育インストラクター)

川邉 真歩(           〃     作業療法士)

宮路 満英(パラ馬術競技選手)

石野 賢(医療法人社団 湖光会 若草診療所 理学療法士)

今村 理恵(うらかわ乗馬療育ネットワーク 乗馬療育インストラクター研修生)

宮田 朋典(カウボーイ アップ ランチ代表 ホースクリニシャン)

参 加 費 :5,000円 (学生3,000円) ※事前決済

申込方法 :氏名・ご職業・住所・電話番号・メールアドレス・お申し込み人数を記載の上、

mail又はfaxでお申し込みください。(締切2/1)

mail: info@urakaw-joba.net  /  fax:0146-28-1305

こちらからもお申込できます。

お問合せ:うらかわ乗馬療育ネットワーク  江刺・小島 090-3629-2842

 

 

 

 

 

 

 


平成28年度(第44回)「海外研修報告書集」を電子ブックで掲載いたしました。

平成28年度海外研修生2名による、アメリカカリフォルニア州での5日間の合同研修およびカナダ、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストラリアにおいての2カ月間にわたる研修報告を掲載いたしました。

  「平成28年度(第44回)海外研修報告書集」をクリックするとご覧になれます。

 (iPhone ,  iPad ,  Android からもご覧になれます)


平成27年度(第43回)海外研修生報告会が開催されました(6/11)

平成28年6月11日(土)、港区新橋の「JRA新橋分館」において海外研修生OB会主催による海外研修報告会が開催されました。

報告会は、来賓として厚生労働省 添田社会福祉専門官にもご出席いただき、また多数の研修生OBの方々のご出席のもと、OB会の辻村会長、当財団の佐藤理事長のご挨拶の後、平成27年度研修生4名から現地での研修内容を中心に、研修成果、帰国後の活動(フィードバック)等についての報告及び質疑応答が行われました。

また、来賓としてご出席いただいた厚生労働省 添田社会福祉専門官には、「新たな時代に対応した福祉について」の特別講演も行っていただき、大変充実した報告会となりました。

報告会後に開かれた交流会では、冒頭、この度OB会の新会長にご就任された末光新会長のご紹介があり、末光新会長のご挨拶と乾杯のご発声で開宴となりました。会場の各所で新旧の研修生が世代を超えて、相互の親睦を図るとともに、報告会では聞くことのできなかった海外研修中の失敗談や思い出話も披露され、和やかな雰囲気のもと楽しい交流会となりました。

(研修報告内容の詳細につきましては、平成27年度海外研修報告書集でご覧になれます。)

≪JRA新橋分館 大会議室にて≫

                        

                        

                        

                         

 

≪交流会会場≫

   

   

   

 

 

 

 

 

 

 


平成28年度 (第44回)海外研修生の実施概要(研修期間 4/11~6/10)

本年度研修生2名は、4/11 成田国際空港から、最初の合同研修地であるアメリカサンフランシスコへ向けて出発、その後、カナダ、イギリス、デンマーク、イタリア、オーストラリアにおいて約2か月間にわたる個別研修を実施、修了いたしました。

研修概要等についてはこちらから。