3.助成事業の申請

 〔1〕事務手続の概要

助成を受けるには、窓口となる各馬主協会・共同募金会にご相談のうえ、申請書類等を馬主協会又は共同募金会に提出して下さい。

なお、申請の受付期間は馬主協会・共同募金会毎に異なりますので、直接問合せ下さい。

申請の後、馬主協会・共同募金会及び本財団が審査を行い、申請者に対して助成金の交付額等を通知します。

問合せ及び窓口一覧

 

 〔2〕申請の流れ 

37

 

 〔3〕申請を行う場合の提出書類等

申請書類一覧はこちらから

 

 〔4〕注意事項・その他

(1)事業の実施について

事業(備品等の購入、工事の着工)は助成金交付決定の通知を受けた後でなければ実施できません。

また、備品等の購入・工事は令和3年3月31日までに終え、速やかにその後の手続を行って下さい。

(2)業者への支払いについて

業者への支払いは、一括ではなく、自己負担金分の支払いと助成金入金後の助成金分の支払いの原則2回払いとなる旨を業者に前もってご周知下さい。
なお、支払いの際は必ず金融機関を利用して振り込むものとし、振込手数料は法人がご負担下さい。

(3)標識(プレート)の掲示について

各施設が本財団の助成を受けたことを示す標識(プレート)を助成金交付決定の通知後に配布しますので、助成を受ける施設の玄関・門柱等の見やすい所に掲示して下さい。

(4)標識(ラベル)の申込み・掲示について

助成を受けた施設又は備品等に貼付する標識(ラベル)は、助成金交付決定後に「標識(ラベル)申込書」に必要数を記入して本財団に申込み、標識(ラベル)を受け取ったら助成対象の施設・備品等の見やすい所に貼付して下さい。

   ▶︎「標識(ラベル)申込書」(施設・備品貼付用)」(Word)

※助成金交付決定後に申込

(5)車両への標識掲示について

車両の助成を受けた場合は、本財団ロゴマークと「(公財)中央競馬馬主社会福祉財団助成」の文字を、より多くの人に見えるように、両側面と後部に可能な限り大きく表示して下さい。なお、各馬主協会を窓口として助成を受けた場合は、馬主協会名も併記することとなります。

   ▶︎ 車両プリント用本財団ロゴマーク(PDF)

   (本データを出力のうえ、業者に渡すとロゴマークのシール作成に利用できます) 

 

標識(プレート) 標識(ラベル)
標識
(玄関に掲示されたプレート)
標識
(スチームコンベクションに貼付されたラベル)

 

≪車両プリントの適切な例≫
側 面 (両側面に表示した財団名と財団ロゴマーク) 後 部
側 面
(両側面に表示した財団名と財団ロゴマーク)
後 部

 

< 2.助成事業の実績4.事業の実施報告と助成金の申請 >