研修事業

平成26年度(第42回)海外研修生募集のご案内

財団では現在、平成26年度海外研修(平成26年4月~6月実施予定)の応募を受付中です。         募集対象者の要件、募集人員、研修期間・方法、助成金額、応募方法等についてはこちらで       確認して下さい。なお、応募の締め切りは7月31日(水)です。

 

民間社会福祉施設職員海外研修とは  ~海外研修に参加するには~

社会福祉施設職員の資質向上を目的とし、欧米各国での福祉制度、専門知識・技能の習得を      図るための海外研修に対し、助成を行っています。                                       研修期間は、3週間~2か月以内(アメリカ・デンマークでの5日間の合同研修期間を含む)で、         その研修にかかる費用に助成金の交付をしています。

 

平成24年度に実施した第40回海外研修の概要

アメリカサンフランシスコにおいて、財団が委託している現地福祉関係コーディネーター作成の  合同研修プログラムによる研修後(4/9~4/13)、研修生自身で設定した個別研修の実施。

・研修期間:平成24年4月9日~6月10日                                               ・研修人員:4名 

   

海外研修報告書集を掲載〔平成20年度(第36回)~平成24年度(第40回)〕

►各年度研修生の詳細な研修内容の報告をご覧になれます。

 

平成20年度(第36回)   

    

     研修期間:H20年4月8日~7月8日

   合同研修:アメリカ

     研修人員:5名

 

平成21年度(第37回) 

 

研修期間:H21年4月29日~7月17日

合同研修:デンマーク

研修人員:5名

       

平成22年度(第38回)  

 

     研修期間:H22年4月19日~7月18日

     合同研修:デンマーク

     研修人員:5名                    

 

平成23年度(第39回)  

 

     研修期間:H23年4月12日~7月10日

     合同研修:アメリカ

     研修人員:4名

                                                          

平成24年度(第40回)  

 

研修期間:H24年4月9日~6月10日

合同研修:アメリカ

研修人員:4名

 

民間社会福祉施設職員国内研修とは ~国内研修に参加するには~

民間の特別養護老人ホーム、身体障害者施設、知的障害者施設の直接処遇職員を対象に、 専門知識・処遇技術を習得するため5日間の合宿形式による研修への助成を行っています。   講師に大学教授、福祉関係施設の専門家を迎えての講義に始まり、受講者参加による事例  研究、グループ討議、介護技術・リハビリテーションの実践等を行います。                なお、研修への参加方法等につきましては、助成金の交付団体である(公財)社会福祉振興・   試験センター(TEL:03-3486-7511)へお問い合わせください。

 

平成24年度に実施された国内研修助成事業の実施内容

・国内研修事業助成金交付団体:(公財)社会福祉振興・試験センター                                        ・助成額:900万円                                                                      ・第1回研修:平成24年7月9日~7月13日 対象は特別養護老人ホーム介護職員 55名                                         ・第2回研修:平成24年9月3日~9月 7日 対象は知的障害関連施設職員            40名                               なお、各回の講義内容資料を掲載しています。